So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

わんこに関する大きな誤解 ~食器編~ [犬 しつけ]

最近、わんこのお水をペットボトルを突っ込んでケージに固定して使うタイプであげてる方も多いですね。
ケージがないと使えないですが、おそらくわんこをお金を出して買ったときに
スターターセット的なものとして入っていたのかな。

それはいいんですよ。
でもね、あれは子犬か超小型犬用です。
体重で言ったら3キロくらいまでで、それ以上のこはあの「チョロチョロ」では足りません。

うちのこはお水をあまり飲まない。

そういう方もいらっしゃいますが、それは飲みにくいからでは?

お水はちゃんと飲んでちゃんと輩出しなければいけません。
生食だったら別ですが、ドライフードはそこそこ多くお水をもむ必要があります。

ビスケットたくさん食べたら飲み物がほしくなるでしょ?

あるわんちゃん(10キロ台)はいつもいつもお水を飲んでいました。
そのペットボトルタイプでね。
いつもいつも飲むけど、量としてはそんなにたくさんというほどではなく。
で、おしっこの色が妙に濃い気がして、私はそのわんこのお母さんに
器でお水をあげることを提案しました。
すると、飲水量が量が増えました。
おしっこの色も普通の色になりました。
飲む回数も減りました。
一度にたくさん飲めるようになったからね。

やっぱり10キロ台の体にはチョロチョロでは不足だったようです。

また別のわんちゃんのエピソード。

そのこは大型犬です。
ケージにはチョロチョロタイプが取り付けてありました。

そのこのお母さんは
「ケージから出すとお庭のお水(バケツ)に一目散で、がぶがぶ飲んでげーってなっちゃうんです」とおっしゃいました。

理由は明らか。
ちょろちょろで足りるはずがないのです。
体が大きいんです。
お水はたくさん必要なんです。

その後、器のお水にしたところ、がぶ飲みかーらーの「げー」もなくなり、
毎年のように秋冬頃に体調を崩すこと(膀胱炎)も今季はなかったとのこと。
直接飲水環境に関係しているかは不明ですが、よかったには違いない。

よーく考えればわかることでも、
あまり疑問を持てないことも多いようです。

でも、よーく考えましょう。
お水を飲むのは生きるために必要なことです。
ニンゲンなら、酒だビールだワインだといろんなものを飲みますが(酒ばっかり)
わんこは一生のうちお水以外を飲むことなんてあまりありません。
で、そのお水が生命維持にはとっても大切です。

お水の量、回数、器、そして飲む位置←これも重要!
手遅れにならないうちに、もう一度見直してみてください。

20160127_121159482_iOS.jpg


★保護犬のレッスンにはスペシャルサービスあり★

くわしくはサイドバーをご覧ください

☆★☆ 出張相談所 ☆★☆
前橋市にあるSola-Cafeさんにて、出張相談所開催中です。
くわしくはこちら → 出張相談所

▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 8

コメント 3

溺愛猫的女人

こんばんは

ヨンタロー♀さま 龍馬の件で大変お世話になりました。
龍馬は旅立ってしまいました。心から感謝しております。

by 溺愛猫的女人 (2016-02-02 22:36) 

名犬ゴン太の兄

うちのエリックはチョロチョロを使っていますが・・・
2.5kgなんで、ギリギリセーフですね。
一安心・・・
あ、ゴン太さんは、昔からご飯皿みたいなところに水を入れて飲んでます^^
by 名犬ゴン太の兄 (2016-02-06 13:43) 

ヨンタロー♀

●溺愛猫的女人さん
龍馬くん、せっかくというところで残念でした。
名前の通りのにゃん生だったのかもしれませんね。

いつも大したお役に立てませんが、何かの時にはできるお手伝いをさせていただければと思います。

●名犬ゴン太の兄さん
体重はあくまで目安なので、体調をきちんとみてあげてくださいね。


by ヨンタロー♀ (2016-02-09 12:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。