So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
いぬ・ねこ しつけ ブログトップ
前の10件 | -

若いわんこの発作とシニア犬Buddy [いぬ・ねこ しつけ]

お友達のわんこCBB(仮名)は、あの大雪の朝に発作を起こしました。
人間のこどもでいう「ひきつけ」みたいな発作でした。

CBBのお母さんから早朝に電話があり、CBBが泡吹いて倒れた、と。
いつも行ってる病院が(早朝なので)やっていない、と。
近くに動物の救急病院があるからと調べてみたら24時まで。
知ってる病院に電話をしたら、たまたま院長がいてくれて、診てくれることになり、CBBのお母さんは雪の中を車で病院に行きました。

結局、病院についたころにはいつものCBBに戻っていて大丈夫だったのですが、CBBのお母さんはさぞびっくりしたことでしょう。
病院では、原因や病名を明確にするには精密検査が必要で、その時は経過観察ということで帰宅。

そして先日、CBBのところに行くと「実は、また発作が起こったんだよ」とCBBの母さん。
最初の発作から2か月です。
短い。

この2か月の間、血液検査をしたけれど、特に原因になるようなことは見当たらず、脳腫瘍とかも疑われましたが、CBBはまだ若いので、その可能性もなさそう。

赤ちゃんの時に虫がいただの、お腹がピーピーだの、股関節が緩いだの、アレルギーだの・・・っていうわんこが多い中、Buddyは牛の蹄で歯を折ってしまったくらいで、健康優良児です。
10歳になった今でも落ち着きのなさはこいぬのようだし、トレーニングには目をキラキラさせて意欲的だし、食欲も衰えず、毛づやもよく、足取りも軽やか。

Buddyは幼いころにしっかり去勢してるので、お父さんにはなれませんが、この遺伝子を残してもよかったんじゃないかな?とちょっとだけ思ってしまう私です。

世の中、病気持ってるのに繁殖させたがる飼い主さんがいますが、はなはだ疑問。
曲がったきゅうりはおいしく食べられるけど、病気のわんこは・・・どうすんだい?

10276575_10203121150260876_238643615_n.jpg

★今後、新しくレッスンをお受けいただいた方のレッスン代から5%を動物保護団体に寄付します!★
★保護犬のレッスンにはスペシャルサービスあり★
くわしくはサイドバーをご覧ください


☆★☆ 出張相談所 ☆★☆
前橋市にあるSola-Cafeさんにて、出張相談所開催中です。
くわしくはこちら → 出張相談所

▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

動物実験 [いぬ・ねこ しつけ]

ヒエヒエプレート1.jpg

わんこ・にゃんこがいるお宅で夏場に採用されているひえひえプレートとかクールマットと言われるもの。
素材が金属だったり、布だったり、石だったりとさまざまですが、よく耳にするのが
「ぜんぜん使われない」
というご意見です。

わが家でも、ナイロンでぶにょぶにょするものを導入するも、BuddyもMilchも見向きもしませんでした。
その後アルミのプレートを導入し、試行錯誤した挙句に布を被せてやっとこ使用してもらえるようになりました(そのときの記事はこちら
しかし、それでも「お気に入り!」というほどではありませんでした。

ところが今年、新規参入末娘Nananaが好んで使ってくれています。
物怖じしないNananaちゃん、素晴らしい。買ってよかった。捨てなくてよかった。

しかし、あるときふと思いました。
「ヒエヒエ感が好きなのか? もしかしたらこの場所が好きなだけなのでは?」と。
そう、プレートを設置した場所は以前からNananaが好んでいた場所だったのです。

なので実験してみました。
プレートをちょっとずらしてみたのです。
すると…
ヒエヒエプレート2.jpg

おおっ! やっぱりプレートが好きなんだねー。

ヒエヒエプレート3.jpg

実際のところ、ヒエヒエ感がいいかどうかはこの実験ではわかりませんが、それでもこのプレートが気に入っているのは間違いないようです。
まだまだ捨てずに使えます。

ヒエヒエプレート5.jpg
▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(16)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

梅雨時の室内トレーニング ~ わん&にゃん編 ~ [いぬ・ねこ しつけ]

rainy buddy.jpg

雨が降りそうだったので、午前中に急いでドッグランに駆け付けたものの、間に合わずに雨。
ランを一周して、かーちゃんはお話に興じ、Buddyはお昼寝して帰ってきました。

で、帰ってからお家で遊ばなければなりません。
先週の水曜日に時間が空いたので何気なく始めた新ネタ開発。
毎日少しずつ(15分くらいずつ)練習して、ついに完成しました。

題して、Buddyの車庫入れです。
(かーちゃんがしゃべります)



今年の12月で9歳になるオッサンわんこのBuddyですが、新しいことを学習する意欲も十分。まだまだ若いモンには負けませんよ。

さて、こちらの若いモン。
オッサンに負けじとおさらいの「おて」。
(かーにゃんが五月蝿いです)



まだまだ若いけど、妙な落ち着きのあるこちらの方は
sleepy milch.jpg
降っても、晴れても、うらやましいほどによく寝ています。

▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(11)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

梅雨時の室内遊び ~ わん&にゃん編 ~ [いぬ・ねこ しつけ]

梅雨です。
さらに台風も来ました。
みなさんのところは大丈夫でしたか?
わが家はいままでにない豪風雨で、ベランダのトマトが倒れたりしましたが、それくらいで、相変わらずほぼ災害フリーな北関東某県在住ヨンタロー♀一家です。

被害がないとはいえ、梅雨は梅雨。
お散歩もままなりません。

台風の日、たまたまお休みだったかーちゃんはふと思い立ってBuddyのおもちゃを作りました。
ドラえもん風に読んでください。
ハイ!

jump_1.jpg

「りーゆーうーすー紙じゃーーーんぷ(reuse paper jump)」

大量になってしまったAmazonの箱に入っていた台紙段ボールと新聞紙です。
設計的にやわヤワじゃね?と思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、そこはわんこにとっての安全設計なのです。
あまりに頑丈に作ってしまうと、足がひかかったりしたときにジャンプと絡まって怪我をする可能性が高くなります。だから、すぐバラけるようなほうがいいのです。
競技用のリアルジャンプは金属や木製ですが、この場合、素材も紙ですから室内でも安心です。
ちなみにバーの高さはわんこの体高くらい。

jump_2.jpg

こんな風にして遊べたら、ちょっとは気晴らしにもなりましょう。
ただし、集合住宅の場合は階下のお宅に迷惑にならない範囲で。

で、Buddyが遊んでみました。
★賑やかな音楽が鳴ります。


いい顔しています。

ついでにこちらの方も。
★こちらも音楽つきです。


ジャンプより、おもちゃのヒラヒラに夢中なだけですけどね。

mil does not jump.jpg

なお、これはほんのお遊びですが、ちゃんとした競技(アジリティ)のトレーニングでは、正規の高さ(体高)のジャンプは1歳すぎくらいにならないと飛ばせません。
なので、うちのこも!と思われた方はわんちゃんの年齢と使用頻度に無理のないように、ぜひ。



▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(12)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

チワワのしゃーくさん(仮名)の驚くべきポテンシャル [いぬ・ねこ しつけ]

最近、チワワちゃんが生徒さんになりました。
チワワのしゃーくさん(仮名)は驚くほど意欲と能力が高いです。
チワワの着ぐるみを着たジャーマンシェパードかと思うくらい。

しゃーくさん(仮名).jpg

チワワというと、怖がりでキャンキャン吠えて、プルプル震えているイメージですが、しゃーくさんは違います。
ごほうびがあれば何でもするわ!というタイプ。
あまり物怖じもしません。

先日のレッスンの時のこと。
このしゃーくさん、私がごほうびを持っているのを知っていて、ちょうだい!ちょうだい!と私の足にぴょんぴょん飛びつきます。
そこで私は「フセ」と言いました。
しゃーくさんはすぐフセをします。
私はすかさずごほうびを出します。

フセのコマンドを出したのは最初の2~3回程度で、その後は何も言わなくてもしゃーくさんはすぐにフセをするようになりました。
私が数歩移動するとぴったりついてきます。
最初のころは私が移動するたびに飛びつきが復活していました。
しかし、ほどなくして移動した私の正面にスチャっとフセをするようになったのです。
どんなに動いても、再び飛びつくことはほぼなくなりました。

これが完成するまで10分もかかっていなかったんじゃないかな。

以前に警察犬になったチワワがニュースになっていましたね。
覚えておられる方も多いと思います。

チワワが警察犬になれることはすごいこと、と言われます。
でも「すごい」のはチワワではなく、そのチワワの飼い主さんです。

チワワブログを見てみると、ほとんどがぬいぐるみのように扱われています。
かわいく着飾ったり、おしゃれなカフェに行ったりというお話が多い。
そして困ったこと(問題行動)について書かれていることも少ない気がします。
そういう対象なんですね、犬種的に。
で、よく見ると飛びついてるところとかの写真も目立つんだな。
しかし、それを本当に困ったこととは思われないみたいです。小さいから?
吠えたとしても、声も小さいし。
私でも、声が小さいから吠えても別にいいじゃんって、ちょっだけと思います。
お人形のように扱う、それでもいいと思いますよ。他人や他犬に迷惑をかけなければ。
でも、わんちゃんとしては「おかーさんは なんで わたしの いうこと きかないのっ?」なんて思いながら暮らすことになるけども。

わんこのポテンシャル、それは犬種によって違いはありますが、私は基本みんな同じくらいだと思っています。
純血種であっても、MIXであってもさほど変わらないんじゃないかな。
差があるとしたら、意欲があるか少ないかの差。

そのポテンシャルを引き出すか否か、それはすべて飼い主さんにかかってくることです。
ボーダー(コリー)でも(ジャーマン)シェパードでもラブ(ラドールR)でも、飼い主さんが何もしなければただのぼんやりわんこにとどまるのは必然。
意欲が高いこであれば、もったいない以前にかわいそうと言っても過言じゃないです。

このしゃーくさんのおかぁさんは、トレーニングを始めてからは以前よりもコミュニケーションがとれている気がするとおっしゃっています。

そぅ、しつけとか訓練と表現されることが多いですが、私はコミュニケーションのとりかた=トレーニングだと思っています。

コミュニケーションがよくとれるようになると、もっともっとかわいくなるんですよー、わんちゃんは。
そして、わんちゃんはそれを待っているんだなぁ、絶対。
話が分からない相手(飼い主さん)より、話の分かる相手(飼い主さん)の方がいいに決まってるもの。


さて、このしゃーくさんにはきょうだい(みたいな関係のこ)が3にん(わん)おりまして、彼らがそれぞれまた個性的で…。

しゃーくさんのごきょうだい.jpg

もちろんチワワ4きょうだいのお話はまだまだ続く!

ちなみにしゃーくさんにはかわいい本名があります。しゃーくさんはあくまで仮名ですから。
そして、このこも実は訓練所系のしつけ教室経験者(わん)でした…(>_<)



▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(16)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

わんことにゃんこのいい話×2つ [いぬ・ねこ しつけ]

先日聞いた、にゃんこのいい話。
これはわんこにも、さらにはヒトにも同じことが言えるなと思いました。

かいつまんで話すと、
あるにゃんこの飼い主さんが、そのにゃんことの接し方を変えたところ、それまで嫌がって拒否されていたブラシングをさせてくれた、と。

それまでは、そのにゃんこにとっては本位ではない接し方であったのを、あることをきっかけにそのにゃんこがしてほしい接し方がわかって、そちらに変更したのだそうです。

ここのところブログネタにしているわん&にゃんとのコミュニケーションの、まさにビンゴ!!なエピソードです。
「お母にゃんが優しくしてくれるのはいいけど、本当はあんまりうれしくないんだよ。」
そのにゃんこはいつもそう思っていたようです。
そして、ちょっと辛かったみたいです。
でも、お母にゃんが気づいてくれたおかげで、そのストレスはすっきり晴れたのですね。
よかったね、にゃんこもお母にゃんも。

レッスンの時に「(わんちゃんを)ほめてください」飼い主さんに申し上げると、ほとんどの飼い主さんは「いいこ~」と撫でます。
その様子をようく見てると、撫でようとする手を避けるようなしぐさをするわんちゃんが少なくありません。
実は、わんちゃんは、みんながみんな撫でられてうれしいわけではないのです。
時と場合によっては、嬉しくないデス!というこも多いです。
でも、飼い主さんはそれに気づいていない。

わんちゃんはいいことをした→ほめられて(報酬を得て)いいはずなのに、そこに「ちょっとイヤ」なことが起こってしまうと、せっかくいいことをしても、それを繰り返さなくなってしまいます。

飼い主さんには、わんちゃんをよぅく観察して、OKなのかNGなのか判断できる観察眼が必要です。
相手の気持ちを慮る(オモンバカル)。
これはコミュニケーションの第1歩ですよね。

さて、いい話のその2。

あるお宅のおばあちゃんは、ちょっと痴呆の症状があり、食事の支度ができない状態だったそうです。
そのお宅にわんこがやってきました。
もともとわんこがいたお宅で、おばあちゃんはわんことの暮らしは問題なく、新しくやってきたわんこのお散歩など、いろいろお世話をなさっていたそうです。
そして数か月後、おばあちゃんは食事の支度ができるまでになられたそうです。
わんこのお世話をすることで、おばあちゃんの痴呆の症状がずいぶんと改善したようで、ご家族はわんちゃんがいい仕事をしたと喜んでいらっしゃいました。

この話をお聞きして、とっても嬉しく思いました。
私は何もしていませんが、それでも、この仕事を頑張ろう!って思わせてくれるエピソードでした。

ここのところ、わんこのお仕事も徐々に増えています。
あちこち探して、訓練所みたいなところは「ちょっと違うな」、ということで私をお選びいただく方もいらっしゃって、このわんこトレーニングが遅れてる県にもいい光が見えてきた♡とうれしい限りです。

bud cannot understand mil.jpg

bud cannnot understand nanana.jpg
nice!(14)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

台風がこないけど、きた! [いぬ・ねこ しつけ]

すんごい台風がきましたね。
それも、奇しくも9月1日の防災の日をはさんで。

我が家のすぐ近くにはちょっと大きな川があります。
その川に沿って遊歩道兼サイクリングロードがあります。
Buddyのいつものお散歩道です。

bud watches river.jpg


ヨンタロー♀地方は台風の影響で大雨が降ったりやんだりして早4日くらい。
だんだん雨の量は減ってきているものの、川はタイヘンなことになっていました。

台風2011-12号.jpg


台風2011-12号_2.jpg


防災の日にはいつもbud&milと避難所生活になったら、などを考えます。
今年は大震災があったので、3月からずっと考えています。

にゃにがあってもこのふたりを守らねば!

コーヒー牛乳のような川を見ながら、改めて心に誓うヨンタロー♀かーちゃんなのでした。
浮き輪、どこにしまったかな?

mil on a boat.jpg


▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(17)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

初めてのふたりきりのお泊り・・・最終回 其の二 [いぬ・ねこ しつけ]

お泊り話もこれで終わりにするよー。

で、
翌日、ふたりを迎えに行くと、ホテルの方がひそひそ声で「Buddy、寝てる」と教えてくださいました。
ドア越しにお部屋をのぞくと、Buddyが床で寝ています。
ドアを開けても起きません。物音がしても起きないのは熟睡している証拠ですが、それだけ緊張していたのかな…。そっか、そっか。ゴメンよ、Buddy。

部屋に入って「Buddy」と声をかけると、Buddyは目を覚まして起き上がりました。
が!
起きて向かった先はホテルの方のところ。
ホテルの方はBuddyの近くにいらして、私は遠くにいたせいだと思いますが、それでも、声で分かるやろ!とちょっとさみしくなったのは言うまでもありません。

で、もう一度「Buddy~」と声をかけると、そこでやっと気づいてくれて、「あれ? かーちゃんか」みたいな感じで、わりと普通な感じで近づいてきました。
私としては、「あーっ、かーちゃん!!」くらいの勢いで来てくれると思っていたので、これまた切ない気持ちに。

このBuddyの行動を見て思ったことは、
Buddyはホテルのこになったと思って、ホテルの方を新しいかーちゃんだと思っていたのでは?
ということです。

Buddyは東海地方で生まれ、南関東のペットショップで売られ、南関東のあるお宅のこになり、事情があって北関東のしつけ教室に引き取られ、半年後くらいに私と出会い、親子になりました。
ちょっとした流浪?のわん生なのです。
それゆえ、もしかすると「あ、まただ」と思ってしまったのかもしれません。
考えすぎならいいのですが、それが真実だったら申し訳ないことをしたな、と感じてしまいます。
結果、それが思い違いだったとしても、ちょっと傷つけちゃったなら、申し訳ないことです。

でも、彼としては、お泊りしてもかーちゃんは迎えに来るということを学習してくれた(と思う)ので、今後のお泊りは誤解を生むことはないのかな、と。
それでも、今回は1泊で、次のときが2泊、3泊だったりすると、また誤解を生んでしまうかもしれませんけれど。

さて、一方Milchは、ごはんも食べていたし、トイレもしていたし、再会の時もひょうひょうとしてるように見えたし、ぜんぜん大丈夫そうでした。
家に帰ってきてからも、いつも通り。

ということで、初のふたりだけのお泊りは、かーちゃんがドキドキしすぎ、という結末でした。
ま、これは想定内。

はー、もう少し子離れの練習しようかな。

あ、それともう一つ。
ホテルの方が滞在中のBuddyの写真をくださいました。
大好きな場所にいるBuddyの顔は、なんだか切ない表情をしていました。

おぷon れい.jpg


▲このわんこは友人ちのれいちゃん。


乗っかっているのはハッピーセットの変身しないおぷちゃん。


▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(12)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

初めてのふたりきりのお泊り・・・最終回 其の一 [いぬ・ねこ しつけ]

さて、初かーちゃん不在でお家じゃないところのbud&milお泊りのその後です。

お泊りするところ(ドッグラン&ドッグカフェ&ペットホテル)に到着すると、そこには小さい先客わんがふたり。
小さいこたちでよかった。Buddyはわんこが苦手ですが、自分より小さいこは比較的大丈夫です。
Buddyは慣れた場所のせいか、小さいお友達にご挨拶などして余裕でした。


Buddy@RG_2011summer.jpg


一方Milchは、久々のケージ暮らしです。
その点も気になっていましたが、そこは無理にでも入ってもらわないといけません。
しかしながら、昔取った杵柄? すんなりケージに入りました。嬉しそうではありませんでしたけれど、ね。
あちこちクンクン調査して、持参したごはんをケージにセットすると、なんと! 食べるではありませんか。
いちおう、いつものカリカリに大好きなモン○チを多めに足したものでしたが、これがよかったのかな。
でも、かーちゃんはごはんを食べるMilchを見て、心配が一気に80%くらいなくなりました。

mil@RG_2011summer.jpg


このホテルでは、BuddyはMilchのケージがあるお部屋に一緒にお泊りができるので、それも安心材料でした。
Buddyがドッグランにお散歩に行くときには、ホテルの方がMilchがさみしくないようにとテレビをつけてくださったり、とてもケアがハートフルです。

Milchがごはんを食べている間、Buddyはお散歩に行きました。
かーちゃんはそのすきにバイバイも言わずに去りました。

これがいいのか、よくないのかは全くわかりませんでしたが、私自信が別れがつらくならないには、これがいい方法だったみたいです。どんだけ子離れできてないんだ、私。

ふたりと離れていた夜、かーちゃんはかなりのズッカまり(=へべれけ)で、ふたりのことを思い出さないように努めました。それでも、しばしば思い出しては心配になってしまったダメダメかーちゃんです。

そして、翌日の夜、かーちゃんはふたりをお迎えに…。
最終回 其の二につづく。



▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

胸がいっぱいで泣きそーです [いぬ・ねこ しつけ]

とうとうこの日がやってきました。
え?この日ってどの日??
それは・・・

ふたりきりで初お泊り!

とうとう、ですよー。
早めに準備するとドキドキが募ってしまうので、延ばし延ばしにして、昨夜遅くに完了しました。

bud&milお泊りの持ち物.jpg


Buddyはどこに行っても、いつでも、なにがおきても食欲だけはありますから、いつもと同じごはんを同じだけ。
一方Milchは、外食(?)もずいぶん慣れてはきましたが、私不在の外食経験がありません。未知の世界!
なので、いつものカリカリ30%+おいしいカリカリ70%のセッティングにして、それをまったく食べないときの非常食として缶詰も準備しました。

今回のお泊りは、いわば実験です。
これがダメなら、さらなる練習を重ねなければなりません。

なぜか?

それは、非常事態対策です。
また、いつ、大震災がおこらないとも限らないし、避難所暮らしになる可能性はゼロではない。
そうなったときに、環境の変化に対応できるとできないとでは、彼らはもちろん、私のストレスも違ってきます。

今後、何もなければそれに越したことはないけれど、備えあれば憂いなしですからね。

ガンバロー、Buddy&Milch、そしてわたし。

行ってきまーす!!


▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(9)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
前の10件 | - いぬ・ねこ しつけ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。