So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

屋外で暮らすわんこのこと [犬 しつけ]

私の暮らす群馬県では、まだまだわんこを屋外につないでおくおうちが多いです(いわゆる外飼い)。

ゴールデンみたいな大きいこも
コーギーもビーグルも
びっくりなのはシーズーやミニチュアダックスなんかも
ときどき外で暮らしていて、へぇ~ってなもんです。

もちろん
ボーダーコリーやハスキー、ボルゾイなんかでも室内で暮らしているおうちもちゃんとたくさんあります。


個人的には「わんこは室内で一緒に暮らす」ことをオススメしていいます。
なぜなら、家族だし、コミュニケーションとりやすい、つまり
しつけみたいなことはしやすいのです。

それに、屋外で暮らすにはちょっと群馬県の気候は過酷です。
夏は暑すぎて、冬は結構寒い。乾燥もひどいし。

若いわんこはまだいいけれど、年をとったら体にこたえます。
元気で長生きしたければ室内が絶対ってくらいにいいはず。

よく「番犬だから外」という方がいます。
もし私が峰不二子なら、ファミチキで餌付けするか、かわいそうだけど毒殺して金銀財宝を奪います。
番犬、役立たずです。
なので番犬効果は室内で暮らすほうが絶大なのです。

お庭暮らしのわんこがなかなかいうことを聞いてくれないという方がいました。
私はわんこを室内に入れられないなら、ニンゲンが外(わんこのそば)で過ごす時間をたくさん作ることをオススメしました。
というのは、わんこを知るには観察がもっとも必要だからです。
本を読んでも本の中のわんこと同じに動くとは限りません。
それぞれ個性もあるし、性格も違うし、体の大きさも関係します。
とにかく、うちのこがどんなこなのかを知ることからしつけは始まるのです。
だって、しつけはコミュニケーションだから。

ゴールデンのKちゃんは玄関のケージで暮らしています。
半分室内、半分屋外暮らしみたいな感じです。
でも、Kちゃんのお母さんはKちゃんとお庭で遊ぶ時間をたっぷりつくっています。

暑い日も、寒い日も、昼間も夜でもKちゃんのお母さんは時間を作って一緒に過ごしてるそうです。
ブラボーです。
なので、Kちゃんとお母さんはコミュニケーションがしっかりとれています。

本を読んだりサイトを見たりしてもいいけど、それよりもわんこを見る。
それがわんこを知ることになるのです。

あ、これってサッカーの先生に「サッカーの本が全部ほしい!」って言った私に「とりあえずボールに触れ」って言われたことと同じじゃん (*_*;

▼Milchはお外が好きですが、ひとりで外出とか、暮らすとかなると無理だろうなぁ…
R0013016.jpg



★保護犬のレッスンにはスペシャルサービスあり★

くわしくはサイドバーをご覧ください

☆★☆ 出張相談所 ☆★☆
前橋市にあるSola-Cafeさんにて、出張相談所開催中です。
くわしくはこちら → 出張相談所

▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

わんこの幸せは目に現れるのです [犬 しつけ]

ある方がレンタル犬なるものを体験されたときのお話です。

レンタル犬は、某わんこパーク的なところのサービスのひとつ。
レンタルした方は借りたわんこを見て
「表情がなくて目が死んでる」とお感じになったそうです。
愛情が足りなそうとも思ったとか。

そりゃそうだ。

私は多くのわんこを見ていますが、飼い主さんが「●●ちゃんは幸せねー♪」みたいに言っていても、実際はそのわんこの表情が乏しかったりするものです。
視線は常によそを見ていたり、言葉をかけても反応が鈍い=興味が飼い主さん以外に向きがち。

軍隊方式のトレーニングで関係を築いたわんこは、いうことをよく聞いたとしても表情が死んでしまいます。
そうでないこもいるけど、きっとレアケース。

飼い主さんとコミュニケーションがとれていないこも同様です。

おうちがないわんこが保護されて新しい家族ができて…というムービーをよく見ますが、表情の変化がよくわかります。
実際に会っていないから、どこまでが真実でどこまでが作られたものかはわかりませんが、それでもわかりやすい例です。

幸せなわんこは飼い主さんとの絆がしっかりしていて、
表情が豊かなのです。
飼い主さんを見る視線に目力があるのです。

絆があるかどうかはわんこを見てるとわかるもの。

表情が豊かで、
視線がいつも飼い主さんで、
飼い主さんのちょっとの言葉によく反応する。

これが絆の強さの目安です。

ま、痴ほうになっちゃうと絆も消えてしまうかもしれないけどねー。
そうなる前に力強い絆つくりを、ぜひ。


▼ぼーっとしていても目力はあるのよ
IMG_4429.jpg



★保護犬のレッスンにはスペシャルサービスあり★

くわしくはサイドバーをご覧ください

☆★☆ 出張相談所 ☆★☆
前橋市にあるSola-Cafeさんにて、出張相談所開催中です。
くわしくはこちら → 出張相談所

▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ほめほめ大作戦の応用 ~カフェで他犬に吠えない対策~ [犬 しつけ]

IMG_4372.JPG


ちわわのぺこちゃんとぽこちゃんきょうだい(ともに仮名)は
わんこを見るとワンワンワン!

ドッグランで遊んでいても、他犬が見えるとワンワンワン!
カフェではカートに入っていますが、他犬が見えるとワンワンワン!

カフェでカートに入っているぽこちゃんをよく観察していると
ドアのほうをずっと見ています。
誰かが入ってくるのを確認するために見てるようです。

そこで、例のアレを試してみました。

ドアが開くとチリン♪とベルの音がします。
それを合図にワンワンワン!となるのですが、そのチリン♪とワン!の一瞬の隙間に
「いーこだねー! えらいねー!! おりこうなんだねー!!!」と。

するとふたりはお母さんのほうを見て
「そう!おりこうだよ! もちろん ごほうび もらえるよね?」という表情です。
当然、ごほうびは出ます。
いいこにしているので、どんどんごほうびが出てきます。

カフェには次々にお客さんが入ってきます。
中にはわんわん!と言いながら入ってくるこもいます。
これは強敵ですが、そこでもすかさず
「吠えないんだよね、いいこだね、えらいねー!」とほめほめ大作戦。
わんわん!と入店するわんこにたいしても、対抗させません。

ぶっちゃけ人間は疲れます。
常に周りに神経を張り巡らし、一瞬のスキをほめるタイミングを逃さないことが求められるのです。
でも、そうすることでわんちゃんは吠えないのです。

そして、少しずつチリン♪の合図で吠える体制になるのではなく、
お母さんのほうにアテンションが向き始めます。

人間が疲れるのは初めのうちだけで、だんだんゆとりが生まれます。
なので、安心してください。

ちなみにぺこ・ぽこ兄弟(仮名)はトレーニング経験があります。
つまりほめられ慣れています。
いいこ!の意味を知らないわんこにはこの作戦は通用しませんので、
まずは日常的にほめることを。

カフェやランでは、わんこに対して
「いけない! だめー!!」と言ってる人が多いです。
見ていてとっても残念。
わんこはそれでいいこにするかと言えば、さにあらず。
叱る姿って見苦しいしね。


どうせなら「いいこ! えらいねー」っていう人に会いたいものです。

みなさま、ぜひお試しあれ。


★保護犬のレッスンにはスペシャルサービスあり★

くわしくはサイドバーをご覧ください

☆★☆ 出張相談所 ☆★☆
前橋市にあるSola-Cafeさんにて、出張相談所開催中です。
くわしくはこちら → 出張相談所

▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

掃除機と戦っちゃうわんこには、この作戦でらくらく解決! [犬 しつけ]

我が家はあるとき、とっても音の大きい外国掃除機を導入。

それまでBuddyは掃除をしても無関心だったのに、大音量でゴーっという掃除機には敵対心なのか、恐怖心なのか、ガウガウ吠えて咬みついてきます。

とっても掃除の邪魔です。

別の部屋に隔離したり、怒ったり、いろんなことを試しましたが、いまいち効果が上がりません。

んで、ある時に試した方法がコレ↓↓↓

https://youtu.be/MDAclfHooSg

もー、今まで私は何を無駄なことをしていたんだろうと反省しました。
基本に立ち返ることをなぜ忘れてしまったのでしょう。とほほのほ。

わんこはほめてナンボということを思い知らされました。

掃除機に戦いを挑ませないためには

ほめるだけ!
ほめちぎるだけ!!

最初はちょっとほめつかれるけど、
怒りつかれるよりもぜんぜん気持ちいいっすよ。

みなさま、ぜひお試しあれ。

★保護犬のレッスンにはスペシャルサービスあり★

くわしくはサイドバーをご覧ください

☆★☆ 出張相談所 ☆★☆
前橋市にあるSola-Cafeさんにて、出張相談所開催中です。
くわしくはこちら → 出張相談所

▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

わんこにはLeave It!を教えよぅ~ [犬 しつけ]

Leave It!
ご存知ですか?

訳すと「そのまま!」ってことです。

「そのまま」ってわかりにくいですが、
拾ってほしくないものを拾おうとしたときとか、
天敵に吠えそうになった時とか、
お菓子を食べていてうっかりこぼしてしまった時とか、
そんな時に使います。

イメージとしてはLeave It!というとフリーズする感じ。
だーるーまーさーんーがーこーろーんーだっ!
の「だっ!」の感じとも言えるかな。

こんな風な「わんこについて知ってほしいこと」を
文字で書いても限界があるので
ムービー作ってみました。

https://youtu.be/7Nawcid5TpQ

だんだんクオリティが上がっていくことを前提に
まずはこんな感じで。

★保護犬のレッスンにはスペシャルサービスあり★

くわしくはサイドバーをご覧ください

☆★☆ 出張相談所 ☆★☆
前橋市にあるSola-Cafeさんにて、出張相談所開催中です。
くわしくはこちら → 出張相談所

▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

黒シバMちゃんの変化は… [犬 しつけ]

私が黒シバMちゃんに触ろうとすると
お母さんは「危ない!」とおっしゃいました。

触るとMちゃんが咬むから危ないんだそうです。
原因はわかりませんが、
Mちゃんはお母さんを咬んでしまっていたそうで、
お母さんの手は傷だらけ。

そんなMちゃんのところに行くようになって数か月たちました。
会うたびにMちゃんは明るくなっています。
負った瞬間、大はしゃぎするのです。

最初のころは私の顔を見て「あ、来たの。ふぅん…」って感じだったのに
今では横飛びして「わーい!わーい!」ってな様子です。
もちろんバンバン触っても咬みません。

初めのころは目が三角で無表情でした。
無気力な感じもしました。

しかし最近は、表情も豊かになってきました。
「もっとやろうよ!もっと遊ぼうよ!」とじっと見ています。

そして、お母さんの気持ちにも変化が。
それまではカラーをつけるのも怖がっていましたが、
先日は「カラーは問題なくつけられるようになりました♪」と。

お母さんは「ここにきてMちゃんがどんどん成長してる感じがします」と
うれしそうにおっしゃるのですが、実はそれは
「お母さんの気持ちの変化」なのです。

何をすると咬まれちゃうのか、どうすれば咬まれないのか
方法がわかって、実践すると、
今度は「咬まれない」安心感が心の余裕になって
そこをMちゃんが感じ取るのでうまくいく。

もともとMちゃんはいいこだったけど、付き合い方を間違ってしまったので
不信感が生まれてしまいました。
それも、お互いに不信感を持ってしまったのです。

でも、今はそれがどんどんなくなって、安心感、信頼感に変わりつつあります。

わんことの関係は安心感と信頼感であって、 強いとか上に見るとか服従するとか威圧するとか そんなことでは絶対にないのです。

私がしていることは
Mちゃんとお母さんが仲良くすること
だけです。

そんな中で
「ターン」(おまわり)や「エイト」(八の字)や「ハーイ!」(手を挙げる)
ができるようになりました。

そのトリックをご家族やお友達に披露してMちゃんは大人気に。
ますますお母さんは嬉しそうです。

怒るお母さんより、笑顔のお母さんがいいですよね♪

▼笑顔はじけるMちゃん。こいぬ時代の笑顔が戻りました。
IMG_4072.jpg


★保護犬のレッスンにはスペシャルサービスあり★

くわしくはサイドバーをご覧ください

☆★☆ 出張相談所 ☆★☆
前橋市にあるSola-Cafeさんにて、出張相談所開催中です。
くわしくはこちら → 出張相談所

▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

某しつけ本のフセの教え方が斬新すぎて目からウロコ [犬 しつけ]

チワワのLくんにフセを教えたときのことです。
Lくんのお母さんはフセができたことに大喜び!
できるんだぁーと感心なさっていました。

そのわけは、今まで教えたけどできなかったからあきらめていたというのです。
どんなふうに教えたのか尋ねると、一冊の本を見せてくださいました。

わんこの飼い方としつけ方の本です。

これを読んだけど、うまくできなかったと。

フセの教え方のページを見て、
あまりに斬新!
目からウロコ!!
つか、
斬新すぎてウロコどころか、目が取れそう!!!
なフセの教え方がそこにはありました。

それがこちら▼
フセ.jpg


まず最初に
「フセ」と言い、フセさせる。
ほほぅ、なるほど…。

つか、
ちょっと待てよ。
フセができないから教えるのに
フセさせる、だと?

あれ?
ここに書いてあるのは
「できないひとのための教え方」だよな。

なんかすごい腑に落ちないけど、次を見ると。

「できないときはフードで誘導してフセさせる」
ほぅほぅ、なるほど…
って、その誘導の仕方がどこにも書いてないですけど、どーやるんですかー?

これじゃできないわけです。
以前にも書いたかもしれないけど、こういう半端な本を見てしまって、できなくてあきらめる方が多いです。
わんこも飼い主さんも悪くない。
本が悪い。
つか、この監修した人って、どうよ。
そして、このまま出版してしまう編集者って…(ノД`)・゜・。

ただ、
本がどんなに懇切丁寧に書いたとしても、なかなかその通りにできることは少ないのです。

大切なのは、あきらめないこと。
本の通りに行かないのは普通のことです。
本の通りにできなかったら、書いた人のレッスンを受けましょう。
あきらめてしまったら、わんことの関係もそこまでになってしまいます。

何かを教えることは、コミュニケーションです。
コミュニケーションがきちんととれてこそ、本当の家族になれるのです。
わんこはコミュニケーションを求めています。
だって群れの生き物だから。

あきらめないで! by真矢みき
って書初め用紙(長い半紙)に書いて壁に貼りましょう。

ちなみにおすすめの本は特にありませんが、
どうしても本に頼りたいと言う場合は
しつけ方の本は
同じ人(著者、監修者)の本を参考にしてください。

人が変わるとメソッドが変わります。
メソッドのブレはわんこの混乱を招きます。

おすすめなのはしつけ本よりも行動学の本。
水越美奈先生の本とかがわかりやすいです。

でも、一番確実で簡単なのはプロの直接指導です。
これに勝るものなし!



★保護犬のレッスンにはスペシャルサービスあり★

くわしくはサイドバーをご覧ください

☆★☆ 出張相談所 ☆★☆
前橋市にあるSola-Cafeさんにて、出張相談所開催中です。
くわしくはこちら → 出張相談所

▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

わんこに関する大きな誤解 ~それはあなた!?~ [犬 しつけ]

何度も書いていることですが、
あなたのわんこを誤解していませんか?

よく聞くのが
「うちのこはキャベツが好き」
「うちのこはパン(のミミ)が好き」

Sくんのお母さん
「◯◯するときに怒る」

Kちゃんのお母さんは
「獣の目をして襲ってくる」

Pちゃんのお母さんは
お散歩が嫌い」

どれも私は「本当かな?」と真相を探ります。
現場を拝見するのがもっともわかりやすいですが、見ることができないときは証言者である人に聞き取り調査、もしくは実験します。

キャベツやパン好きの誤解を解く時の質問はこれ↓
「他の物をあげますか? たとえば唐揚げとか。」
そしてかならず「いいえ」と回答がきます。

つまり、キャベツやパンはもらえるから好きそうに見えることをするけれど、キャベツと唐揚げを選ばせたら、唐揚げのほうが好きに決まってる。
なので本当に好きなわけではありません。
ま、嫌いじゃないけどね。

怒ると言われているSくんは、現場を拝見しましたが、激しく吠えているものの怒ってはいないように見えました。
怒るわんこはマズルにシワができたり、毛が逆立ったりするものですが、それらは見られなかったのです。

獣の目をして襲う疑惑のKちゃんは、試しにお母さんがKちゃんが襲うと言う状況を再現してみました。
Kちゃんをオラオラあおったり、おもちゃを取り上げたりKちゃんの前で仰向けに寝転がったりしてみましたが、私には楽しそうなKちゃんしか見えませんでした。

お散歩嫌い疑惑のSちゃんは、Facebookカフェに行ったよと載っていたので、カフェはいけるならお散歩(外出)が嫌いなわけではないと思ったので、確認すると、家の近所は歩きたくないというけど、公園だか河原だかはよく歩くそうで、結果、お散歩の場所(道)が嫌なんじゃないのかな、と。

こんな風にたいがいは「ね、違うでしょ?」という結果になります。

こういった誤解を私は「飼い主フィルタ」と呼んでいるのですが、このようにわんこが誤解されることは多いのです。
正しく、公平に理解していないとあかんのです。
いいこが悪いこになるのは、こういった誤解が原因になってることも多い。
ほんとに多いです。

わんこはとっても迷惑していると思うんだなぁ。
みなさん、どうか誤解しないように気をつけてね。

bud.jpg





★保護犬のレッスンにはスペシャルサービスあり★

くわしくはサイドバーをご覧ください

☆★☆ 出張相談所 ☆★☆
前橋市にあるSola-Cafeさんにて、出張相談所開催中です。
くわしくはこちら → 出張相談所

▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

わんこに関する大きな誤解 ~食器編~ [犬 しつけ]

最近、わんこのお水をペットボトルを突っ込んでケージに固定して使うタイプであげてる方も多いですね。
ケージがないと使えないですが、おそらくわんこをお金を出して買ったときに
スターターセット的なものとして入っていたのかな。

それはいいんですよ。
でもね、あれは子犬か超小型犬用です。
体重で言ったら3キロくらいまでで、それ以上のこはあの「チョロチョロ」では足りません。

うちのこはお水をあまり飲まない。

そういう方もいらっしゃいますが、それは飲みにくいからでは?

お水はちゃんと飲んでちゃんと輩出しなければいけません。
生食だったら別ですが、ドライフードはそこそこ多くお水をもむ必要があります。

ビスケットたくさん食べたら飲み物がほしくなるでしょ?

あるわんちゃん(10キロ台)はいつもいつもお水を飲んでいました。
そのペットボトルタイプでね。
いつもいつも飲むけど、量としてはそんなにたくさんというほどではなく。
で、おしっこの色が妙に濃い気がして、私はそのわんこのお母さん
器でお水をあげることを提案しました。
すると、飲水量が量が増えました。
おしっこの色も普通の色になりました。
飲む回数も減りました。
一度にたくさん飲めるようになったからね。

やっぱり10キロ台の体にはチョロチョロでは不足だったようです。

また別のわんちゃんのエピソード。

そのこは大型犬です。
ケージにはチョロチョロタイプが取り付けてありました。

そのこのお母さんは
「ケージから出すとお庭のお水(バケツ)に一目散で、がぶがぶ飲んでげーってなっちゃうんです」とおっしゃいました。

理由は明らか。
ちょろちょろで足りるはずがないのです。
体が大きいんです。
お水はたくさん必要なんです。

その後、器のお水にしたところ、がぶ飲みかーらーの「げー」もなくなり、
毎年のように秋冬頃に体調を崩すこと(膀胱炎)も今季はなかったとのこと。
直接飲水環境に関係しているかは不明ですが、よかったには違いない。

よーく考えればわかることでも、
あまり疑問を持てないことも多いようです。

でも、よーく考えましょう。
お水を飲むのは生きるために必要なことです。
ニンゲンなら、酒だビールワインだといろんなものを飲みますが(酒ばっかり)
わんこは一生のうちお水以外を飲むことなんてあまりありません。
で、そのお水が生命維持にはとっても大切です。

お水の量、回数、器、そして飲む位置←これも重要!
手遅れにならないうちに、もう一度見直してみてください。

20160127_121159482_iOS.jpg


★保護犬のレッスンにはスペシャルサービスあり★

くわしくはサイドバーをご覧ください

☆★☆ 出張相談所 ☆★☆
前橋市にあるSola-Cafeさんにて、出張相談所開催中です。
くわしくはこちら → 出張相談所

▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

わんこに関する大きな誤解 ~しつけ用カラー編~ [犬 しつけ]

カラーって言うのは、首輪のことです。
しつけ用っていうのは、
・引っ張り防止、とか
・首絞めて言うことをきかせる、とか
そういうものです。

引っ張り防止のカラーというかハーネスには効果があるものもありますが、効果がないもの、つまりわんちゃんに合わないものもあります。

具体的なおすすめは「イージー・ウォーク・ハーネス」です。
アマゾンでも買えますが、ただしフィッティングが正しくないと効果がありません。
そして、この手の商品はどれもわりとフィッティングが面倒です。
ちゃんと試着できるお店が近くにあれば、そういうところでお買い求めになることをおすすめします。
取り扱いしてるお店はあまりないかもしれませんが、しつけ方教室とかでは扱ってるかも。

私の知人はイージー・ウォーク・ハーネスを買ったものの、着脱が面倒という理由で使わず、引っ張られ続けています。
怪我しないといいけど。

そして、言及したくないけど、後者のカラーについて、笑いたいけど笑えなかったエピソードがあるので、書かせていただきます。

チェーン(くさり)のみでできていて、絞めると限りなく絞まるタイプのもの。
訓練所とかではこの手のカラーを使わせるところもあるようです。

よく登場する自衛隊(本当の自衛隊の人、ごめんなさい)出身のMちゃんも使いなさいと言われて、しかたなく使っていたそうです。
隊員仲間の中には絞められすぎなのか、被毛がはげたり、傷になったりしたこもいたそうで。

ここまでくると笑いたいけど、さすがに笑えない。

でも、
安心してください!
Mちゃんはいまはかわいいカラーをしています。

チェーンカラーの限りなく首が絞まるタイプは、効果があるのかもしれませんが、使うのは難しいのです。
前述のはげちゃうエピソードでもお分かりいただけると思いますが、初心者には到底無理。

私のわんこのトレーニングのボス曰はく、この道具を正しく使えるのは世界でただ一人だと。
それも海外のおばあさん先生だったかな。

なので、かわいそうだなって思ったら別の道を探しましょう。
こんなことしか言えないわ。

願わくば、チェーンのギリギリ絞まるタイプはSMクラブ専用のお道具に指定してほしいですね。
女王様にギリッギリに絞めてもらったら、オッサンたちもさぞお喜びでしょう♡

私が一番おすすめするのは、道具に頼る前にちゃんとコミュニケーションとってトレーニングを。
これが一番簡単で、一番効果的で、お互いに気持ちよくいられるのです。

20160114_074718540_iOS.jpg




★保護犬のレッスンにはスペシャルサービスあり★

くわしくはサイドバーをご覧ください

☆★☆ 出張相談所 ☆★☆
前橋市にあるSola-Cafeさんにて、出張相談所開催中です。
くわしくはこちら → 出張相談所

▼ふたつになりました。お手数でなければぜひポチっ!とお願いします▼

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット