So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
引っ張り問題 ブログトップ

【5】いろいろ りゆうは あるのです [引っ張り問題]

わんちゃんの引っ張りでお困りの方は
世界中に沢山おられるみたいですね。 
ここで紹介した方法は、どれも輸入ものです。
というのは、先生がアメリカやオーストラリアの人
だってということなんですけどね。
世界共通の困った問題である「引っ張り」ですが、
何か問題に直面した時、まず
「なぜそうなるのか」を知ることが必要です。
そして
「原因を取り除く」
と、解決に近づくことができるのです。

 この特集で沢山のコメントをいただきましたが、
その中でも「わんちゃんと向き合う」というご意見が
多くありました。

そうです!

問題は、まずわんちゃんと向き合うこと、
つまり、わんちゃんを知ること
それが必要なのですねー。
そのことを少しお伝えすることができたのかな、と
とっても嬉しく思っています。

参考にしていただいた皆様、ありがとうございました!

実際になさってみて、
できな~い、
難し~、
という時には、いつでもお知らせください。
可能な範囲でお答えしていきたいと思います。

               にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
     いつも応援ありがとうございま~す!!   
           


◆さいきん おれは でばんが ありません

 でも げんきです

 つぎは かつやく したいです

 じつは やすんでる あいだに

 あたらしい わざを れんしゅう したんだよ~

 うっひっひ

●新技は近日公開予定です!(公開できるかな?)


nice!(19)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

【4】まだ のこされた みちは ありますよっ! [引っ張り問題]

5★ リードでなんとかすることもできる

わんちゃんがいるご家庭ならば、
リードはどなたでもお持ちですよね。
長さはどのくらいですか?
150㎝くらいありますか?

これはリードを使って引っ張らせないようにする方法です。
できあがりの状態はこんな感じ▼です。



▲ここで使用しているリードは180㎝です。budだと
気持ち長めですが、ほぼちょうどいいくらい、かな。

文字で説明しづらいのですが、
①わんちゃんにリードをつけて、先端の輪のところを
  片手で持ちます。
②空いたほうの手で、わんちゃんにつながっている
  ほうから1/3くらいのところを持ちます。
③両手で持っているリードが「U」字になっているので、
  その下部分をわんちゃん前から胸の部分に
  あてます。
④両手に持った部分をわんちゃんの肩の上あたりで
  片手にまとめます。

これでわかりますかー?
これを説明したムービー▼をご覧ください。

この状態で、歩いてみてください。
これでもグイグイ引っ張ってしまう場合は、これで
引っ張ったら止まる→リードが緩んだら歩き出す、を
お試しください。

ただし、この状態に違和感などを感じて後退してしまう
わんちゃんがときどきいるのです。
その場合は、前にかけた部分がすぐ抜けてしまうので
この方法は使いにくいです。
ちなみにBUDDYは思いっきり後退するこなので、
この方法は使えませんでした・・・。

これでとりあえずネタは終了ですが、皆様いかが
だったでしょうか?
とはいえ、まだ試験段階の時期だと思われますので
少しお試しくださいね。
その上でダメだ・・・となったら、またご連絡ください。

とはいえ、文字&写真&ムービーでは、限界が
ありますので、ご了承いただき、でもでも
できる限りのことはさせていただきたいと思って
おります。

みなさん、どうぞ頑張ってみてくださーい!

次回は、引っ張るわんちゃんとの付き合い方を
考える、デス。 

               にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
     いつも応援ありがとうございま~す!!   
           


nice!(19)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

【3】それでも だめなら いっそ… [引っ張り問題]

4★ 道具を使ってみよう

今までの方法が通用しないわんちゃん、
そして
なんだかイマイチうまくいかないという飼い主さん。

大丈夫です!

わんちゃんの引っ張りに困っている方は少なくないですから
そのためのいろいろな道具が開発されています。
あまりいろいろあるので、ヨリドリミドリですが、
向き・不向き
合う・合わない
などもあります。

試着ができるものがあればいいのですが、
なかなかないですよねぇ。

私がおすすめなのは、
EASY WALK(イージーウォーク)というものです。
これはPREMIER(プレミア)という会社のもので
ホームセンターなどではあまり扱っていませんが
ネットであれば簡単に手に入れることができます。

よくあるハーネスと決定的に違う点は、リードをつける場所です。
ハーネスはわんちゃんの背中につけるものがほとんどですが、
これは胸(首の前)にリードをつけます。
このあたりが引っ張りに効果的みたいです。

このEASY WALKで、それまでカンガルー歩きだった
Tプーちゃんが、4本足で歩けるようになりました。
BUDDYも使いましたが、BUDDYよりもこのTプー
ちゃんの方が効果がありましたー。

もうひとつは、
同じPREMIERのものでジェントル・リーダーという
ものです。

これは、マズル(鼻の部分)をコントロールすることで
わんちゃんをコントロールする、というものです。
ちょっと使い方が難しいかもしれませんが、
引っ張りの強いわんちゃんにはよく使われていました。
ただし、パグちゃんのようにマズルが短いわんちゃんには
つけにくいのが難点です。

いずれもフィッティングがきちんとできていないと
効果があらわれないので、装着方法を含めた
使い方が明記されていることろで購入されたほうが
いいでしょう。

これらのほかにも沢山ありますが、中には
「余計に引っ張りそう・・・」なものもあります。
ご注意を!

じゃーどうしたらいいのー?とお悩みの方へ朗報(?)デス!
次は、リードでできるハーネスみたいなもの、の
ご紹介です♪

               にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
     いつも応援ありがとうございま~す!!   
           


nice!(16)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

【2】それでも まだ ひっぱる わんちゃんに [引っ張り問題]

前回の方法は、ある程度の期間、試してみてからでないと
結論(できた/できなかった)はわかりません。

しかしながら、その方法が合わない場合もあります。
それはわんちゃんに合わない場合と、
ハンドラー(飼い主さん)に合わない場合もあります。

そんなときには…

★ さらにやってみよう!

わんちゃんが引っ張ったら止まるの進化バージョンです。

① わんちゃんがズビーンと行ってしまったら、即座に
  反対方向へ向かって歩き出します。
  ひたすらこれをくりかえす。

★ もっとやってみよう!

① わんちゃん側の手にごほうびを持ちます。
  (リードは反対側の手で持てばOK)

② わんちゃんにそこにごほうびがあることを知らせます。

③ わんちゃんがその手をじっと見てるときに
  一歩だけ前に進みます。
※ その際に「行こう!」とか「let's go!」とか「OK!」など
  声をかけてから歩き出しましょう。

④ 一歩進んでちゃんとついてきたら、そのごほうびを
  いいこ~!と褒めながらあげます。

⑤ ひたすら①~④を続けます。

※ その際に②はすぐわんちゃんが理解するので、2度目
  からは、軽くでOKです。

▲始まって15秒は景色のみです。犬&人がフレームアウト
したあとも景色のみです。
すみませーん! 編集方法がわからなかったので…

⑥ 80%以上の成功率になったら、2歩に伸ばします。
  さらに2歩で80%以上の成功率になったら3歩、
  ・・・このようにどんどん伸ばしていきます。

この方法では、食べ物に興味のないこの場合はおもちゃ
撫でることで代用できますが、おもちゃを使う場合は
使い方がちょっと難しいかもしれません。

どんな方法をお使いになるとしても、大切なことは
<いいときには褒める!>です。
褒めるということは、わんちゃんに
「あなたのいまの行動は正しい!」
と伝えることになるからです。

してはいけないことを指摘して、すべきことを教えない
というのは、フェアじゃないばかりか、トレーニングとしては
効率的ではありません。
なので、いいときには「正しいよ!」とはっきり伝えましょう。

次は、これでもダメな場合の方法です。

               にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
     いつも応援ありがとうございま~す!!   
           


nice!(16)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

【1】ひっぱり たいさくの ための じゅんびと さいしょの とらい [引っ張り問題]

 ●お待たせいたしました! <引っ張り>について、です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも、マッテ!の時のように長編です。
つまり、一朝一夕にはいかないということです。
少しずつ考えて、少しずつ積み上げる、
そうすることで、しっかりハートと体に刻まれるのです。

なので、その点をちょっとご了承くださーい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引っ張り対策のために、まず準備です。

1.リードの長さを適切に
長すぎるもの、フレキシ(ズビーンと伸びるタイプ)を伸縮
させるのは、引っ張りにはNGです。
引っ張りが強いときには、短めがgoodです。
※ わんちゃんの体高によって適切な長さが変わります。

★腕を曲げてリードをひっぱらなくてOKです!
★引っ張って首吊りにならないように!!

2.リードは引っ張らない&ガツンと引かない
飼い主さんが引っ張ると、その反作用でわんちゃんも
引っ張り返します。
その結果、わんちゃんはそのリードのテンション
(ピンと張った状態)で体のバランスをとってしまいます。
なので、理想はちょいゆる状態です。
また、いっちゃダメ!エイっ!ガツン!と引っ張らないで
ください
。わんちゃんが首を痛めかねません。

3.ハーネスではなく、カラー首輪)を使いましょう
ハーネスはわんちゃんへの負担軽減に役立ちますが、
負担が少ない=思い切り引っ張れる!
なので、ハーネスよりもカラーがgoodです。
おすすめカラーはこちらでご確認いただけます。

★ とりあえずやってみよう!


① わんちゃんがズビーン!と行ってしまい、
  リードがピンと張ったら、飼い主さんは止まります。
※ その時、できればリードを持った手がわんちゃんに
  持って行かれないように、体にぴったりくっつけるか
  ジーンズなどをお履きならば、ポケットに手をかけて
  おきます。でも、怪我をしない範囲でなさってくださいね!
※ 止まる時、決してリードを引っ張らないこと。
  グッと握っているだけにします。

② わんちゃんが、え?っと立ち止まり、リードの張りが
  少しゆるんだら「おりこう!」で歩き出します。
※ この時のリードのゆるみは、あくまでわんちゃんが
  ゆるませた場合に限ります。なので、飼い主さんは
  腕を動かしちゃダメですよ。

③ ①→②を繰り返します。

※ いきなり道路に出ず、庭などで練習を始めるとgood
※ これだとゼンゼン前進できませんが、頑張って!
※ 最初はあまり長く続けないで、短いセッションで様子を
  見てください。わんちゃんもちょっと苦しいかもしれませんので。

これは、時間がかかるという大きなデメリットがありますが、
わんちゃんが自分で考えながら行動することができます。
また、カラーやリードでショックを与えたりしないので、
わんちゃんに身体的苦痛を与えずにトレーニングできます。

わんちゃんが自分で飼い主さん(=リード、カラー)を引っ張る
ことで、ちょっと自分の首を絞めちゃう結果にもなりますが、
それが辛かったら、わんちゃんが自らやめることができます。
わんちゃんが自力でコントロールできるのです。

ただし、とても力が強いわんちゃんに対して、
飼い主さんが非力だと、効果があらわれにくいことも難点です。

なので!
そんな飼い主さんのための方法は、次回以降で
ご紹介します。

まだまだつづくのにゃ。

               にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
     よろしければクリックお願いします   
           


nice!(21)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
引っ張り問題 ブログトップ